脱サラ

脱サラしようとした時に一番反対してくるのは実は親や彼女だった

投稿日:2019年5月3日 更新日:

どうも脱サラしたいFXトレーダーテルヨシです。

最近僕も会社を辞めようと思いまして親と彼女にそれを相談したら見事に反対されたのでそのお話をしていきます。

会社を辞めてFXで専業トレーダーになるのではありません

今後も兼業トレーダーとしてFXはやっていきます。

ただサラリーマンを辞めて自分で独立して事業を始めようと思っています。

いわゆる脱サラです。

その脱サラしようとした時に一番反対してくるのは家族や彼女であり、それに関する心構えというテーマでお話します。

 

すでに家族や彼女に脱サラする事を相談して反対されてしまって悩んでる人

また、これから会社を辞める話しをしようとしているけど

親や彼女に反対されるのが怖いなと思っている人等の参考になればと思います。

会社やめる

僕自身も脱サラするにあたって家族の反対に会いました。

というか多分今も反対されている(笑)

もちろん社会人になり一人暮らしをするようになって親に迷惑かける事もなく

僕としてはしっかり生活してきたつもりだったのでてっきり両親も起業する事を応援してくれるのかな?

と思っていました。

が、しかし現実は違いました。

結果から言うと両親は会社を辞める事について大反対でした。

親はとりあえず子供の挑戦に反対する生き物

僕(ニコニコ)

会社辞めて起業しようと思うんだ!

父(は?)

「なぜ、安定を捨てて成功するかしないか分からない事をするのか?」

「今独立すれば婚期が遠のく」

「お前が成功するとは思えない」

母(え?)

「すべての人が成功するとは限らない」

「成功するのはごく一部の人間だけ」

このように正直ボロカス言われました。

僕が役者になるとかお笑い芸人になると言ったらこれぐらい反対するのも分かるんですが・・・

僕の現在の状態

僕は現在30歳前半で、従業員70人程の中小企業で働いています。

今の会社は5年目で給料は年収500万ちょうどぐらいです。

ちなみに彼女とは付き合って1年程で彼女は20代後半です。

そろそろ結婚を意識する年齢です。

 

「生計を共にしていない父や母に相談する必要なんてあるのか?」

と思われる方もいると思いますが

僕はやはり両親にも独立した時に応援してほしいという気持ちもあり

両親に会社を辞めるという相談というか

僕の中では会社を辞める決意が出来ていたのでその報告をしました。

周りから見た僕

今の状況的に

こんな感じに周りから思われているんだと思います。

・30代前半とそこまで若くない年齢での起業(遅い感じが否めない)

・結婚適齢期を迎えている彼女との結婚をどうするのか?

・今の会社でそれなりの給料をもらっているのにもったいない。

 

ちなみに

僕がしようとしているビジネスはごく一般的に世の中にあり

実際に成功している人間もおり

初期費用も少なくて始めれらて一人で出来る(借入なしで自己資金だけで出来る・飲食店等の店舗を構ないと出来ない業種でもない)

業種であり仕事です。

 

万が一失敗したとしても借金だけ残るような事にはなりませんし

また2年後や3年後にサラリーマンに戻る事も出来ます。

もちろん失敗しないよう現在も起業の準備段階ではありますが

お金を貯めたり、HPの作成を始めたり

準備についても最善を尽くしているつもりです。

それでもこの言われようです(笑)

 

僕と両親との一問一答

「なぜ、安定を捨てて成功するかしないか分からない事をするのか?」

「別に今が安定しているとは思わないし、今の会社が定年まである保証はない

30代前半の体力もあり、知識もついてきた今だからこそ起業して自分の力を試したい」

「今独立すれば婚期が遠のく、起業なんてせず早く結婚して子供をつくってしっかりとした家庭を作れ」

「まだ30代前半、40代で結婚している人間もいるし遅い事なんてない、それに起業と結婚を同時にする事も可能

紆余曲折あるかもしれないがそれを乗り越えていくのが家族だと思う、安定しているのが一番いいというのはどうかと思う」

「お前が成功するとは思えない」

「まだ始めてないのに成功するかどうかはわからない、せめて結果を見てから言ってくれ」

 

「すべての人が成功するとは限らない」

「もちろんそれはその通り、ただ僕が失敗するとも限らない」

「成功するのはごく一部の人間だけ」

僕(そろそろブチ切れそう 笑)

「それもその通り!ただ僕がその一部の人間の一人になる可能性もゼロではないでしょ!」

「とりあえず頑張りますので見ててください」ニコッ!

 

彼女との一問一答

彼女

「どうやって独立してやっていくのか漠然と不安を感じている」

「HPを作って検索順位を上げて一般の方を集客する」

「それと、今までの仕事の関係を使って仕事を取ってくるようにする」

彼女

「簡単に言ってるが本当にそんなにうまくいくのか?」

「お金を稼ぐ仕組みはそんなに難しくない、集客して仕事をしてお金をもらう、ただそれだけ

その仕組みを効率よく最大化させることが難しい」

「一生懸命努力して仕事に励むつもり、起業前の現段階でもHPの検索順位を上げるように頑張っている」

僕(切れ気味(笑))

「そもそもまだ新しい事業を始めてないのに批判するのはおかしい」

彼女

「私との結婚はどうするのか?」

「結婚は少し待ってほしいなー・・・(´;ω;`)」

 

両親や彼女に独立・起業について相談しても理解してもらう事は難しい

結局僕が両親と彼女と話しした結果わかった事は、どのような話の持って行き方をしても基本的には受け入れてくれないという事です。

ちなみに僕の父は自営業してます(笑)

母は正社員で働いていますが

父は自営業してるからわかってくれるかなと思ったんですが、ダメでした。

 

結局わかったことは

・世の中の大半の人は普通を望んでいる。

・両親というのは子供が可もなく不可もなく育ってくれるのが一番安心。

・女性は結婚相手となると、安定している人間を望む

日本人は失敗を恐れすぎている

日本人はやはりサラリーマン信仰が強いんでしょうか?

サラリーマンとして普通の会社で働いて

死ぬまでに毎年500万円ぐらい(人によっては1,000万円ぐらい)

をもらえればそれでいいと思っている人が多いです。

 

「ソフトバンクの孫正義さん」や「楽天の三木谷さん」、「ZOZOの前澤さん」みたいに

起業して成功したいと思ってる人はあまりいないです。

成功している人間やお金持ってる人を羨ましいとは思いますが、自分にそうなる可能性があったとしても

安定を取る人間の方が多いんです。

「何故なら失敗が怖いから、本当はそんな大した失敗じゃないかもしれないのに・・・」

だから身近な人達にも安定しておいてほしいと思っているんです。

 

友人や兄弟は意外に頑張れと応援してくれます。

なぜなら自分の人生にそこまで影響を及ぼさないからです。

 

親ももちろん先に死にますので本来影響しないはずですが

やはり自分の子供が自分が死んだあとも平穏に暮らしてほしいと思うのが親なんでしょう。

 

特に親というのは無条件で子供の挑戦を否定する、しかもそれが善意であるからたちが悪い

親はいつの時代も子を心配する生き物です。

高い木に登ると危ないって言いますよね?

でも高い木に登らないと見えない景色や成功体験については考えてくれません。

しかもそれはあくまでも善意で言っている事なんです。

心の底からそれが正しいと思っていて僕の為にそれを言ってくれているんです。

 

反対の意見を言ってくる人を避ける事や会わないようにするのは簡単ですが

親や結婚を考えている彼女はなかなか切れません。

だから僕は悩んだというか凹みました。

「なぜ理解してくれないのだろう、どうしたら理解してくれるか」

 

 

起業に反対する人は誰もあなたの人生に責任をもってはくれません

皆起業する事についてはとりあえず否定します。

では、会社を辞める事を誰かの意見で止めてしまった場合

その人はその事について責任をもってくれるのでしょうか?

 

会社を辞めて起業していたら生涯

年収が5倍になった可能性も10倍になった可能性もあるわけです。

もしかしたら一部上場企業の社長になって資産を10億以上持てる可能性もあります。

でもサラリーマンをやって順調に出世したとしてもせいぜい年収1,000万ぐらいです。

 

「機会損失」という言葉はご存知でしょうか?

相場の世界でよく言われる事ですが

起業に反対する人は何もしなかったために失う利益の事を考えているのでしょうか?

失う可能性ばかり考えていて得られる可能性についてはあまり考えてくれません。

そしてその機会損失に対して誰も責任を取ってくれません、結局は自分で判断するしかないんです。

 

起業や独立を考えている人は今理解してもらおうと思わなくていい

覚えていてほしいのは

親や彼女は起業や独立を理解してくれないという事をわかっておくという事

です。

起業と言っても僕は最初は一人で始めました。

いわゆる自営業です。

会社を辞めて一人で新しく独立するのに精神的な面でも体力的な面でもいろんな準備にエネルギーを使いたいのに

皆に理解してもらおうとしてその事にエネルギーを使ってしまうというのはナンセンスだと思います。

会社への退職にあたっての説明は止めにくいないようにする事

間違いなく今の会社の人は止めてきます。

もしかしたら給料を上げてくるかもしれません。

もちろん給料交渉して結果残るのもありです。

でも脱サラしたいと思うなら

会社の人間にはそこまで説明せず。

「別業種の親戚の会社から声がかかった」とでも言っておきましょう。

親や兄弟・親戚の関係の会社であれば止めにくくなりますから。

 

僕はバカ正直に起業したいと言ったので、辞めさせない為に説得されたり

起業のデメリットを延々聞かされる事になりました。

それに皆何するのか興味津々なので、根掘り葉掘り聞いてくるので説明に疲れました。

もちろん僕はこれからも仕事上付き合いは続く可能性があったので

それなりに説明して今後も仲良くしたいというのもありましたが

 

 

今は独立・起業する事は理解してもらえなくていい

とりあえずは、現状を報告し結果を見て判断してもらうのが大事です。

会社を辞めた後に事後報告するという荒業もありますが(笑)

 

 

僕の場合は

1年程期間を区切ってダメならやめて会社員に戻るという事を伝えました。

1年やって成果が出ないのであれば、そもそも経営センスがないと思うので潔くやめます。

 

起業において何を成功と言うか?

僕は現在の年収(月収)と並ぶ事が出来ればとりあえずはOKだと思っています。

僕の場合は手取り25万ほどでしたのでまずはそこを目指します。

来年の年収は

そうすれば現在の生活は保てる訳ですから。

そこから2年目の売り上げ目標を立ててどんどん成長させるように計画を立てていけばいいわけです。

 

結局は起業・独立して成功してれば文句は出ない

今なにもしていない状態で議論するから異論が出るわけです。

結局は実際に売り上げを見せて親なり彼女なりを納得させるしかありません。

 

ある程度稼いで、ある程度ちゃんとした生活を保っていれば

犯罪的な事をしていない限り、とやかく言われる事はありません。

年収1,000万ぐらい超えてくれば

手のひらを返したように逆に称えられると思います。

 

そこを目標にして今は耐える時です。

僕も会社をやめる際にいろんな批判にさらされて精神的に疲弊ました。

現在もまだ味方が多くないので疲れるときはあります。

でも今を耐えて、みんなに認められる時を思い描いて頑張っています。

 

成功している人間には手のひらを返してきます。

その時に明るく

「よー言うわ!」

と笑って返せる人間になっておきたいと思います。

 

同じように起業や独立を反対されて辛い思いをしている方もいると思いますが

そのような状況の方はあなただけではありません。

脱サラして現在の年収以上稼げるようになって早く親や彼女を黙らしましょう。

では頑張っていきましょう(^^♪

336PX

スポンサーリンク




336PX

スポンサーリンク




-脱サラ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

ブログランキング参加してます。良かったらポチお願いします(^^)/

ブログランキング参加してます。

良かったらポチお願いします(^^)/


FX・サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

このブログを書いている人

このブログを書いている人
テルヨシFX
名前:テルヨシfx 年齢:30代
悩み:ハゲそう
仕事:サラリーマン(営業)
目標:年1憶稼ぐ専業トレーダーになって脱サラする
詳しいプロフィールはこちら