FX相場分析

【FX相場分析】ドル円トレンド分析(2019年4月27日)

投稿日:

FX相場分析2

脱サラFXへようこそサラリーマン兼業FXトレーダーのテルヨシfxです。

先週(2019/4/22~2019/4/26)のFX相場分析開始します。

ドル円はやっと動きだした感じが出てきました。
とりあえずはドル高方向のポジション傾けるのがいいと思います。
注目はドル円とユーロドルですが、今回もみんな大好きドル円!
僕も大好きですが(笑)

ドル円トレンドチェック

ではドル円のトレンドを確認していきます。

僕が長期のトレンド分析するのに使っているのは

・ダウ理論

・ディナポリチャート

・一目均衡表

この3つを適当に見ています。

一番重きを置いているのはダウ理論です。

他の2つは補助的に見ています。

では、まずはダウ理論から

【ダウ理論】でドル円のトレンドチェック

ちなみに僕はMT4でチャートを見ています。

MT4についてはこちらで詳しく話してますので、よかったら見てください。

MT4がわからないという方は見てみてください↓

ドル円日足2019年4月27日

※ダウ理論で相場分析する際はZigZagというMT4チャートのインディケーターを使っています。

ダウ理論トレンド分析

上昇トレンド

信頼度★★★☆☆

僕が前々から気にしていた

112.125の高値は今週の水曜日(4/24)に上抜けてきました。

ただ一旦は押し目をつけに行ってますが。

上昇トレンドとみていいと思います。

それなりに戻しがあるのは普通の事ですので

とりあえず1時間足等で自分のルールに従ってエントリーしていくのがいいと思います。

 

ディナポリチャートでのドル円トレンド分析

ディナポリチャートは3本の移動平均線(DMA)の線の上にあるか下にあるかでトレンド判断出来ます。

ここは通常の移動平均線と一緒ですが、さらに三本引いてますので、3本すべての下であれば信頼度が上がりますし、一本だけであれば信頼度が下がります。

 

更に日足と週足で見る事によって、しっかりトレンドが把握できます。

では見ていきましょう。

ドル円日足ディナポリチャート

黄色DMA:上

青色DMA:下

白色DMA:下

 

ドル円週足ディナポリチャート

 

黄色DMA:上

青色DMA:上

白色DMA:上

■結果

上昇トレンド

■信頼度

★★★☆☆

日足ディナポリでは黄色のみ上ですが

週足ディナポリに関しては完全に上昇トレンドです。

ダウ理論的にも現在は上昇トレンドですので、十分上昇トレンドと言えます。

丁度日足でも黄色DMAで支えられている感じがありますし。

週足は3本のDMAに支えられている感じがします。

金曜日に少し下げましたが、ここはいい買い場になっているのではないかな?

と思います。

後は短い時間足で自身で作ったエントリーを守ってもらえれば

それなりに利益を出せるのでは?

と思います。

来週からは本格的にドル円ロングでやっていきます。

一目均衡表でのドル円トレンド分析

今回も一目均衡表も表示しておきます。

転換線(ピンクの線)は下回っていますが

基準線は変わらず上回っています。

来週はこの基準線が支えになってくれそうな気がします。

 

 

結果

■結果

上昇トレンド

■信頼度

★★★★☆

トータル的に見て、ダウ理論、ディナポリ移動平均、一目均衡表全てで上昇トレンドを示唆しています。

見た限り111円を割る事はなさそうな気もしますが

今の段階ですぐドル円ロングをするのもありですが、やはりその場その場でルールを守ってしっかりトレードしていくのがいいと思います。

特にゴールデンウィーク中ですので、薄商いになるのでドル円やクロス円のロングに関しては、あまり目を離さずにデイトレするのがいいと思います。

もうトレードしないというのもありですが、宵越しでポジションを持つのはナンセンスかと思います。

では、ゴールデンウィーク楽しみましょう(^^♪




-FX相場分析
-

Copyright© 脱サラFX , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.