トレードの勉強

【ダウ理論】水平線を引いて実際のトレードで生かす方法

投稿日:

チャールズ・ダウについてはこちらで話してます。

ダウ理論で理解しておくべき4項目はこちらで解説してます。

ダウ理論自体理が解できてない方はこちらを見てから戻ってきてください↓

FXの基本【ダウ理論】理解しておくべき4項目

【ダウ理論】を実際のトレードに生かす

■目次

【重要】ダウ理論でのトレンド分析する

ダウ理論を元に水平線を引いていこう

高値と安値からサポートラインとレジスタンスラインを考える

では実際にダウ理論を応用してトレンドを把握しトレードに取り入れていきましょう

まず、ダウ理論でのトレンドの定義から勉強しましょう。

 

【重要】ダウ理論でトレンド分析する

■上昇トレンドの定義

「 前の上昇で付けた高値よりも今回の上昇で付けた高値のほうが上回って引けており

前の上昇で付けた安値よりも今回の上昇で付けた安値のほうが上回って引けている」

つまり

 高値が切り上げていて、安値も切り上げている場合をいう。

・高値も安値も上に更新していて初めて上昇トレンド

上昇トレンド

※高値も切り上げているが安値は切り下げている場合などは上昇トレンドではありません。

※高値は切り上げていないが安値も切り下げていない場合はまだ上昇トレンドと判断して大丈夫です。

 

下落トレンドはその逆です。

 

■下落トレンドの定義

高値が切り下げていて、安値も切り下げている場合をいう

・高値も安値も下に更新していて初めて下落トレンド

下落トレンド

ダウ理論では上昇トレンドと下落トレンドをこのようにして考えている。

移動平均や一目均衡表などいろいろなトレンドを確認するツールがあるが

ダウ理論の場合はトレンドを確認するのには値動きさえわかれば他にツールがなくても判断出来るので

そこはダウ理論の凄いところです。

それこそローソク足さえなくても判断できます。

 

ダウ理論を元に水平線を引いていこう

ダウ理論はあくまで僕は長期のトレンドを確認するために利用しています。

短い時間足では普通のインディケーターを使ってエントリーしています。

そこらへんの細かいところは後日ご説明出来ればと思っています。

 

■FXチャートでの水平線を引くのに必要な物

・MT4チャート(日足)

必要なインディケーター

・ZigZag

20190421ダウ理論水平線

MT4でドル円日足を表示してZigZagを表示

2019年4月21日現在は直近の高値と安値が重要な高値と安値になっているのでわかりやすい。

ZigZagで高値安値を視覚的に分かりやすく表示

まずはMT4でインディケーターのZigZagでチャートを表示しましょう

他のインディケーターは外してください。

ZigZagを使うとある程度自動的に高値安値をつないでくれます。

20190421ダウ理論水平線⑤

「Depth」はデフォルトでは【12】ですがそこを【9】にしています。

【12】より【9】の方がより敏感に高値安値をつないでくれます。

ZigZagで出来上がった高値安値の中から重要な「高値」「安値」に水平線を引く

これで出来上がった直近の高値と安値に水平線を引くのでは簡単すぎますよね?

そこまで簡単ではありません。

※直近の重要な高値と安値に線を引きましょう

2019年4月21日今日現在は高値も切り上げていて安値も切り上げているので直近の高値安値が重要なポイントになっています。

 

では過去にさかのぼって一つの例題を出します。

■例題

今日は2018年12月17日です。

現在「高値」と「安値」を切り上げている上昇トレンドです。

どこの高値と安値に水平線を引くのがいいでしょうか?

20190421ダウ理論水平線④

皆さんもMT4を引っ張り出して考えてみましょう

 

今日が2018年12月17日です。

最近まで上昇トレンドでドル円は114円まで上昇してましたが

だんだん下げてきて今日は112円台まで下げてます。

さてダウ理論を元に水平線を引き

 

トレンド転換をする重要な高値と安値はどこでしょうか?

 

 

正解はこちら↓

 

20190421ダウ理論水平線③

直近の高値と安値が重要なのではない

あくまで高値が上抜けて安値が上抜けている場面です。

ちなみに

ZigZagで出た高値安値だけで見るのではなく

多少の高値と安値の修正はします。

20190421ダウ理論水平線⑥

この場面でしたらこんな感じです。

3つの高値と3つの安値がきれいに分かりますね。

こう見ると改めて上昇トレンドというのがわかります。

 

高値と安値からサポートラインとレジスタンスラインを考える

水平線を引いているとサポートラインがレジスタンスラインになったり

レジスタンスラインがサポートラインになる事がわかります。

サポートライン=下値が支えられたライン

レジスタンスライン=上値が抑えられたライン

20190421ダウ理論水平線⑦

これはトレンド分析とは違ってきますが

直近の安値や高値というのはサポートラインや

レジスタンスラインになりえるという事を理解しておきましょう。

 

そしてそのサポートラインを割っていったり

レジスタンスラインを越えていくとその方向へ大きく動きだすという事を理解しておきましょう。

まとめ

ダウ理論でトレンド分析をして

重要になるであろうレジスタンスラインやサポートラインをあらかじめわかっておくことで

FXトレードをやるうえで勝率も上がるはずですし

損切も的確に出来てきっと利益も今より増やせるはずです。

プロのトレーダーでダウ理論を理解していない人はいません。

それほど大事な理論です。

是非ダウ理論を理解してFXトレードに生かしてください。




-トレードの勉強
-,

Copyright© 脱サラFX , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.