トレードの勉強

【FXは複利の力で資金を増やせる】月複利20%で1万円を100万円にするのに必要な期間は?

更新日:

FX兼業サラリーマントレーダー(てるよしFX)です。

複利の力を使ってFXで1万円を100万円にしようと日々トレードしております。

そのFXトレードの日々を見たいという方は最初からどうぞ↓

【FXで1万円を100万円に】チャレンジ開始

FXは複利の力でお金を増やす事が可能

もちろんFXだけではなく株でも同じ事が言えます。が現時点では日本で投資をしようと思った際に少額で出来て、かつレバレッジを25倍までかける事が出来るのはFXだけです。

昔、FXはレバレッジ400倍なんていうのも日本でもありました、400倍の時代は今では考えられませんが20銭動いたらロスカットなんて事もありましたね(笑)本当に昔はボラが少なかったから400倍でも成り立ったんだと思います。今ではFXのレバレッジは400倍→100倍→50倍→25倍とどんどん下がってきています。

先日もレバレッジを10倍まで引き下げるという話がありましたが、いろいろな観点からみてやめたようですね、FXは今のレバレッジ25倍が妥当と国が判断したんだと思います。僕自身もFXのレバレッジに関しては今の25倍がちょうどいいのでは?と思っています。

そしてFXでは複利の力を使ってどんどんお金を増やす事が出来ます。そこで1万円を100万円にしたいと思った時複利の場合どれぐらいの時間で達成できるのか?また、複利と単利ではどれほどお金の増え方に違いがあるのか調べてみました。

(複利)の対義語は(単利)

FXは次の日に4万円の利益を出す事は出来ないかもしれませんが、1年後に一日4万の利益を出す事は出来るかもしれません、2年後は一日で10万円の利益を出す事も不可能ではないでしょう、例えばパチンコ(単利)のような賭け事では毎日通っても2年後に一日の利益を10万円にする事は相当難しいと思います。

ここで単利と複利について勉強してみようと思います。

単利:元金だけに対する利子。
複利:複利法によって計算された利子のこと。複利法とは、元金(がんきん)によって生じた利子を次期の元金に組み入れる方式であり、元金だけでなく利子にも次期の利子がつく。したがって、各期の利子が次第に増加していく。投資借金などでは、雪だるま式に利子が増えていくことになる。重利(じゅうり)ともいう。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

↑この表は僕が作ってみました( `ー´)ノ。

複利は増えた分をさらに投資に回していってどんどんお金を増やせる事ができます。

昔は借金は基本的に複利だった為、少しの金額しか借りていないのにどんどん借金が膨らんでいって気づいたら元本を上回っていたという話もありましたね。

現在は借金での複利はダメです。もちろんFXでは複利はOKですよ(^^♪

単利と複利については理解してもらえたでしょうか?

FXで毎月複利20%で資金を増やした場合、1万円を100万円にするのにどれほどかかるか?

毎月20%ずつ資金を増やしていきます。口座からお金を抜かずに増えた分を次の投資に回しています。

10,000円スタートですから、20%増えたら来月は12,000円になります。

毎月20%ずつ増やしていくので次の月は12,000円を14,400円に増やします。FXで増やした分を口座から抜かず20%ずつ毎月繰り返していくととんでもない金額に膨れ上がっていきます。

1万円が100万円や1,000万円になるにはどれぐらいで到達するなか?エクセルで表をつくってみましたのでご覧ください

FXで毎月複利20%で資産を増やしていった場合↓

年/月 単利 複利
2019年1月 ¥10,000 ¥10,000
2019年2月 ¥12,000 ¥12,000
2019年3月 ¥14,000 ¥14,400
2019年4月 ¥16,000 ¥17,280
2019年5月 ¥18,000 ¥20,736
2019年6月 ¥20,000 ¥24,883
2019年7月 ¥22,000 ¥29,860
2019年8月 ¥24,000 ¥35,832
2019年9月 ¥26,000 ¥42,998
2019年10月 ¥28,000 ¥51,598
2019年11月 ¥30,000 ¥61,917
2019年12月 ¥32,000 ¥74,301
2020年1月 ¥34,000 ¥89,161
2020年2月 ¥36,000 ¥106,993
2020年3月 ¥38,000 ¥128,392
2020年4月 ¥40,000 ¥154,070
2020年5月 ¥42,000 ¥184,884
2020年6月 ¥44,000 ¥221,861
2020年7月 ¥46,000 ¥266,233
2020年8月 ¥48,000 ¥319,480
2020年9月 ¥50,000 ¥383,376
2020年10月 ¥52,000 ¥460,051
2020年11月 ¥54,000 ¥552,061
2020年12月 ¥56,000 ¥662,474
2021年1月 ¥58,000 ¥794,968
2021年2月 ¥60,000 ¥953,962
2021年3月 ¥62,000 ¥1,144,755 100万円到達
2021年4月 ¥64,000 ¥1,373,706
2021年5月 ¥66,000 ¥1,648,447
2021年6月 ¥68,000 ¥1,978,136
2021年7月 ¥70,000 ¥2,373,763
2021年8月 ¥72,000 ¥2,848,516
2021年9月 ¥74,000 ¥3,418,219
2021年10月 ¥76,000 ¥4,101,863
2021年11月 ¥78,000 ¥4,922,235
2021年12月 ¥80,000 ¥5,906,682 500万円到達
2022年1月 ¥82,000 ¥7,088,019
2022年2月 ¥84,000 ¥8,505,622
2022年3月 ¥86,000 ¥10,206,747 1000万到達

単利と複利の違いが一目瞭然ですね、そして単利がしょうもなすぎて笑えますね、複利で1,000万になる頃には単利では86,000円にしかなっていませんからね・・・

なぜ20%に設定したかですが、毎月20%づつ資金を増やす事は並大抵ではありませんが、低い数字を目標にしても仕方ありませんから、FXをやるうえで毎月の目標にする数字はこれぐらいがちょうどいいのでは?と僕は思ったのでちょっと厳しい数字の20%に設定しました。

もちろん5%や10%等自分が好きな数字でエクセルなどで目標の金額を設定して目標数字を設定してもらえればと思います。

10,000円を複利で毎月20%づつ増やしていったら3年後には1,000万円に到達しているんです!これは本当にすごい!

 

ちなみに1万円スタートで複利月20%で増やしていった場合、1億円到達は1,000万到達のその約1年後の2023年4月でした。

複利はとんでもなく恐ろしい・・・

2023年4月 ¥112,000  ¥109,205,258 

つまり、今一万円を持っている人なら誰でもFXで複利の力を利用して1万円を1億円に出来るという事です。

本当にこれは夢物語でもなんでもなく客観的事実です。

もちろん僕もその一人ですし

誰でもFXで1億円を手にする事が出来るんです。

月の利回り20%というととんでもない数字なので、ずっと20%を目指すのではなく、最初の資金が少ないうちは利回り20%を目指して行って、資金が増えてきたら、資金を確保する為に徐々に証拠金に対して保有するポジション枚数を減らしていくというのがFXの世界では現実的な運用方法なのかもしれませんね。

必ず利益を次の運用資金に回す

結構FXで資金が増えて「100万円になったから時計を買おう」「300万円になったので車を買おう」「1,000万円出来たから家の頭金に充てよう」という人が多いみたいですが、1憶円以上の資産を作ろうと思って場合はそこはガマンするべきだと思います。

なぜなら、1,000円で家を買ってしまったらまた少ない資金で始めなくてはならないからです。

まずはFXで資産を増やす目標にするのは1億円以上を目指すべきだと思います。そして何か大きい買物をしたいなと思った場合も使うのは1,000円以下にして、残りを運用に回せるように常にしておいた方がいいと思います。

1憶円以上ある場合は無理に月の利回り20%を目指すのではなく、証拠金に対するロット数はぐっとを減らして年の利回り10%程度を目指すのがいいとは思います。もちろん人によっては資金が100万円になってからそれをする人もいると思いますし、1,000万円になってからする人がいると思うので、そこは人それぞれ精神的に大丈夫なところでロット数を考えてもらえればと思います。

まとめ

・FXで1万円を100万円にするには複利20%の場合2年ほどで達成出来る。

・複利20%を続けていけば4年程で1億円に到達する事も可能。

・資金が増えてもすぐ何か大きいものを買ったりするのではなく、それを証拠金に組み込んでいってお金を増やす事が大事。

 

 




-トレードの勉強
-,

Copyright© 脱サラFX , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.